« インターネットテレビ④ | トップページ | 有限責任事業組合スタート »

2005年7月26日 (火)

ワールド株式非公開へ

東証一部に上場するアパレル大手のワールドが株式非公開にすることを決定しました。

ワールドは、経営陣が株式を取得することによって株式を非公開化します。

この経営陣による企業買収のことを、マネジメントバイアウト(management by out)

といい、アルファベットの頭文字をとってMBOと略されたりします。

MBOの目的は、買収リスクや株主からの圧力を排除することが目的のようです。

特に、機関投資家などを中心とする株主の中には、

会社の短期的な利益を重視する傾向にあり、

長期的な利益展望を計画している経営陣との間には隔たりがあったようです。

特に、経営陣はアパレル工場を自社で建設し

ブランド力強化を目指しているのに対し、

機関投資家の一部では工場建設による減価償却費の増加などによって

短期的な利益が下落するリスクを嫌っている動きがあったようです。

経営陣は工場建設によって利益が一時的に低迷することによって

株価が下落し、会社が買収されるリスクを嫌ったのでしょう。

それならば、株式を非公開化してしまい、これらのリスクを回避したのだと思います。

ライブドア vs フジテレビやこのブログでも取り上げた

夢真 vs 日本技術開発のように、

株主の利益を阻害するおそれのある買収防衛策を画策するより

株式を非公開にして敵対的買収のリスクをなくしてしまう方法は

十分評価できると思います。

買収リスクをなくすためには、株式を公開しないことが一番だと思います。

株式を公開しておきながら、経営陣が株主を選択することは、

株式公開の趣旨に反します。

敵対的買収が株主利益になるかどうかが議論されるべきではなく、

経営陣が株主を選択すること自体認められないと思います。

株主を選択したければ株式を非公開にすれば良いのです。

そういう意味では、今回のワールドのように株式を非公開にする会社が

増えるかもしれません。

今後の動向に注目していきたいと思います。

|

« インターネットテレビ④ | トップページ | 有限責任事業組合スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/5165860

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド株式非公開へ:

« インターネットテレビ④ | トップページ | 有限責任事業組合スタート »