« 経営者養成セミナー② | トップページ | ソニー金融事業を売却 »

2005年9月14日 (水)

公認会計士の責任とは

すでに報道にもありましたように、カネボウの粉飾決算事件で

中央青山監査法人の代表社員と社員合わせて4名が逮捕されました。

容疑は、カネボウの粉飾決算に関与したということのようです。

この法的責任については、東京地検の捜査で明らかになると思いますので、

私はコメントを差し控えようと思います。

ただ、新聞報道が事実であれば責任は免れないと思います。

このような結果になって非常に残念でなりません。

私は、以前のブログでもこの件についてコメントさせていただきましたが、

ここでの責任は法的責任よりも社会的責任や道義的責任のことを

意味するものでした。

公認会計士の社会的責任や道義的責任って何なんでしょう?

この点についてkabu-gion さんのブログでも問題提起されていますが、

私も含めた公認会計士全員が真剣に考える必要があると思います。

粉飾決算を完全に防止することは不可能だと思いますが、

粉飾決算を限りなくゼロに近づけることは可能だと思います。

少なくともそのような努力を業界全体で行っていかなければならないと思います。

私個人の意見ですが、何故このような問題が起こったかを

業界全体で真剣に議論する必要があると思います。

もちろん、カネボウの問題だけでなく、すべての問題についてです。

問題が起こった事例を取り上げて議論することは、

刑事責任や民事責任などの問題がすべて解決しないと難しいと思いますが、

問題となった事件から逃げていてはいつまでたっても進歩しないと思います。

問題となった事件のプロセスや原因を把握し、

どうすれば粉飾決算を防止できるかを真剣に議論する必要があるのではないでしょうか?

それが、公認会計士としての社会的責任、道義的責任だと思います。

|

« 経営者養成セミナー② | トップページ | ソニー金融事業を売却 »

コメント

アメリカではアンダーセンが吹っ飛びましたが、日本では人の噂も、という世界でしょう。

カネを払うクライアントともらう監査法人、という直接の関係の図式を何とかできないですかね。

投稿: takeyan | 2005年9月18日 (日) 01時29分

takeyanさん
コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりだと思います。
私も監査法人在職中には疑問に思っていました。
顧客から報酬を受け取っていながら、
場合によっては会社を倒産させてしまうような意思決定を
しなければいけないことに疑問を感じていました。

せめて、社外取締役で構成される指名委員会で会計監査人を選任し、報酬委員会で監査報酬を決定するようにしないと問題があるように思えます。

投稿: G.Goto | 2005年9月20日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/5944714

この記事へのトラックバック一覧です: 公認会計士の責任とは:

» カネボウの粉飾決算、会計士逮捕 [街中の案山子]
今日の新聞に大きく出ている。 常々思っていたこと。 会計士、税理士は企業(大企業であれ、町の小企業であれ)から、報酬を受け取っている。 だとすると、顧客である企業に不都合な書類の作成がどこまで可能だろうか。 会計士倫理というモラルに期待したいところだけれど、では顧客が別の会計士が自分の企業のマイナスを不問にしてくれるとしたら、そちらに変更するのではないだろうか。 見識のある企業主でないと会計士倫理遵守は顧客喪失につながる。 ... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 07時43分

» カネボウの粉飾決算事件を考える [ミムゾー日記@信州松本]
カネボウの旧経営陣の粉飾決算への関与で、大手監査法人の担当者が逮捕され、理事は理事長を除いて全員辞任するという事態となりました。この事件で、監査法人そして公認会計士の社会的責任が非常にクローズアップされました。僕は現役の会計士なので、この事件についての...... [続きを読む]

受信: 2005年10月 5日 (水) 03時06分

« 経営者養成セミナー② | トップページ | ソニー金融事業を売却 »