« 消費税増税のトリック | トップページ | 東京証券取引所システムエラー »

2005年10月28日 (金)

三木谷社長のビジョン

がインターネットテレビの「Gyao!」で放送されています。

「ネットと放送の融合」とよく言われていますが、

具体的にどのようなものか分かりにくかったと思います。

私もその一人でした。

「Gyao!」の放送をご覧になれば、三木谷社長のビジョンはよく分かると思います。

三木谷社長のビジョンをどう判断されるかは、皆さんの見識にお任せします。

「Gyao!」では、村上ファンドの村上さんを始め、

何度も経営者の方へのインタビューを放送しています。

一番の良さは、経営者の方の話をじっくり聞く姿勢と、

要点をとらえた質問にあると思います。

過去、テレビ局のニュース番組にも、

堀江社長や村上さんなどの経営者が出演されていますが、

アナウンサーの要点がはずれた質問と個人的な感情をむきだしにした姿勢には

うんざりさせられます。

何故、今株式を何%持っているかといった質問をテレビ局の方はするのかが

不思議でなりません。

株式の保有状況については、まず財務局に対して大量保有報告書を提出してから

公表しなければいけないルールになっています。

このような、証券取引法違反を誘導するような質問をする意味が理解できませんし、

はっきりいって時間の無駄です。

経営者の方も証券取引法は理解されているので、

質問をしたところで、「お答えできません」という回答がかえってくるのは目に見えています。

そういう質問ではなくもっと中身のある質問をしてほしいものです。

もう一つ、敵対的買収に対して反感を抱かれているのはわかりますが、

もう少し公平な立場でインタビューをしてほしいと思います。

堀江社長や三木谷社長に対する考え方については、

理解される方とそうでない方の両方いると思います。

マスコミが特定の考え方を誘導することは問題があるのではないでしょうか?

そういう意味では、「Gyao!」のようなインターネット放送で、

経営者が考え方を伝えていくことには意味があると思います。

「ネットと放送の融合」が実現できるかどうかわかりませんが、

両者の垣根が低くなっていっていることは間違いありません。

両者を融合させることで、新たなビジネスモデルも出来上がってくるでしょう。

ただ、楽天が事実上敵対的買収を仕掛けたことは間違いありません。

TBSは徹底抗戦するでしょう。

TBSの「企業価値評価特別委員会」の諸井虔委員長も「非常に愚劣なやり方」

と非難されたようですし、もう少し上手なやり方があったのでは?

と個人的には思っています。

という意味では、経営統合までに道のりはかなり厳しいといわざるえないと思います。

|

« 消費税増税のトリック | トップページ | 東京証券取引所システムエラー »

コメント

TBS問題のマスコミの対応については同感です!もうちょっとマシな質問してもらいたいよね。

楽天株は大暴落しているから、思わず株買っちゃった。
もともと三木谷さんは好きだけど、その意味でもますますがんばってほしいです(笑)

投稿: ミムゾー | 2005年10月28日 (金) 23時32分

今回の買収劇がどうなるかわからないけれど、
楽天は将来性があると思うよ。

三木谷さんのことも個人的には好きです。
非常に面白い案件でもあるので、
今後も注意深く見ていきたいと思います。

投稿: G.Goto | 2005年10月30日 (日) 21時48分

おはようございます!
是非参加してほしくて
オフ会の詳細が決まりましたのでお知らせに来ました。
ブログの記事に書いてます。
ご都合よろしければ メールくださいね。
コメントは見たら消して頂いて構いません。


徳島の不特定多数の方が来るので
意外な 仕事繋がりとか出来るかもです。
いろんな輪を広げたいと思ってます。
よろしくお願い致します

投稿: ふじ | 2005年11月 4日 (金) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/6711034

この記事へのトラックバック一覧です: 三木谷社長のビジョン:

« 消費税増税のトリック | トップページ | 東京証券取引所システムエラー »