« 一太郎訴訟で感じること | トップページ | 村上ファンドの思惑(続き) »

2005年10月 4日 (火)

村上ファンドの思惑

今度は、阪神電鉄の株式38%を取得したようです。

発行済み株式総数の3分の1を超えて取得しているため、

会社の合併や定款変更など株主総会の特別決議が必要なものは、

村上ファンドの承認なしには行えないことになりました。

これが、ニュースや新聞で報道されている「拒否権」です。

村上ファンドにとって好ましくない決議であれば、

株主総会で反対票を投じれば、決議が否決されてしまうのです。

それにしても、阪神電鉄株の取得目的は何なんでしょう?

村上ファンドは、阪神甲子園球場など含み益が多い割りに株価が低迷しているため、

純粋な投資の一環という説明をしているようですが、

その真意はどうなんでしょうか?

阪神電鉄といえば、阪神タイガースの親会社でもあるので、

阪神電鉄の経営陣と村上ファンドと

全国何千万ともいえる阪神タイガースファンとの利害調整は非常に困難だと思います。

そういう意味で非常に難しい会社を取得したといえます。

阪神ファンも納得させるような株主提案があるのでしょうか?

どちらにせよ、今後の動向が楽しみです。

それにしても、71,000㎡の阪神甲子園球場の土地の簿価が8百万円とは驚きました。

|

« 一太郎訴訟で感じること | トップページ | 村上ファンドの思惑(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/6250693

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンドの思惑:

« 一太郎訴訟で感じること | トップページ | 村上ファンドの思惑(続き) »