« 経営者養成セミナー | トップページ | 堀江社長逮捕! »

2006年1月21日 (土)

ライブドアその後

元監査人に経理をアウトソーシングしていたようです。

関連会社株をめぐる証券取引法違反事件が発覚したライブドアは、同社の決算監査を以前担当した公認会計士が代表取締役を務めるコンサルタント会社(横浜市)に経理を外注していることが21日、分かった。

 この会社はライブドアナンバー2の宮内亮治取締役(38)も代表取締役を一時務め、ライブドアの株式交換による企業買収で、「第三者」の税理士法人として株価を査定していたことも判明。ライブドアの2004年9月期単独決算には粉飾の疑いが浮上しており、東京地検特捜部は関連を調べている。

共同通信より抜粋:ライブドアニュース)

これも事実なら重大な問題ですね。

公認会計士も責任を問われることになるかもしれません。

同業者だけに非常に残念です。

これも、高い職業倫理があれば、問題があると認識できるはずです。

監査法人を退職すれば法律違反にならないとでも考えたのでしょうか?

仮にそうだとしても、職業倫理や社会性があるとはいえませんね。

対外的に見れば、「おかしいのでは?」思われても仕方がないですね。

|

« 経営者養成セミナー | トップページ | 堀江社長逮捕! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/8273039

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドアその後:

« 経営者養成セミナー | トップページ | 堀江社長逮捕! »