« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

トリノオリンピック

いつの間にか終わってしまいました。

メダルの数は一つだけに終わりましたが、

フィギュアスケートで金メダルを取りましたし、

その他の選手の方もすばらしかったと思います。

金メダルの瞬間も生で見れましたしね。

早起きしたかいがありました。

ただ、選手の育成については課題があったと思います。

オリンピック前だけ盛り上がるのではなく、

長期的な選手育成が必要だと思います。

政府も不必要な公共事業や公務員の人件費に国費を費やすのではなく、

スポーツ選手の育成が文化の発展にももっと力を入れるべきだと思います。

今回のオリンピックで勇気をもらった方も大勢いたはずです。

日本選手がオリンピックで活躍すれば、

日本国民も少し幸せになるのではないでしょうか?

カーリングなどは、世界の競合国と互角に戦い、

選手はすばらしいと思います。

にもかかわらず、どこでカーリングをやればいいのか

知っている人の方が少ないと思います。

カーリング人口も非常に少ないと思います。

(やる場所がないので当たり前ですね。)

このような環境のもとで、オリンピックに出場する選手は非常に大変だと思います。

スポーツに対して少し予算を配分すれば、

このような問題点もある程度解消されるのではないでしょうか?

スポーツ振興にも役立ち、選手の育成にも貢献し、

オリンピックでも活躍し、国民も幸せになる。

このようなシナリオは甘すぎるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

ドンキホーテ買収断念

保有するオリジン東秀株式をすべてイオンに売ることで合意したようです。

オリジン東秀側は、ドンキホーテの敵対的買収に反対していましたから、

今回のドンキホーテの決断は賢明だったといえるでしょう。

これで、ドンキホーテは株式売却益(約58億円)を得ることができますし、

イオンは無事オリジン東秀を買収することができ、

オリジン東秀は敵対的買収の脅威を免れることができたので、

当事者全員にとっていい結果になったのではないでしょうか。

それにしても、ドンキホーテの安田会長もオリジン東秀株を取得していたのですね。

これは問題ないのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月17日 (金)

ドンキホーテ vs オリジン東秀

また、敵対的買収で問題が出ているようです。

今度は、ドンキホーテがオリジン東秀の買収を目指しているようです。

最初は、オリジン東秀の株式を公開買付け(TOB)で取得する目論見でしたが、

これが失敗に終わったため、市場でオリジン東秀の株式を買い集めたようです。

これが、オリジン東秀側の反発を買っているようです。

「TOBに失敗したんだったら、もう一度TOBで買収しろよ!」

というのがオリジン側の主張でしょう。

これに対して、ドンキホーテは、

「市場で株を買って何が悪いの?」

と主張しています。

確かに法律違反ではなさそうですね。

しかし、卑怯なやり方だと非難されても文句はいえません。

法律上は問題なくても、このような買収を行って、

オリジン東秀の従業員は面白いはずがありません。

仮に、ドンキホーテの子会社になったとしても、

オリジン東秀の従業員は本気で仕事をする気になるでしょうか?

また、一般の消費者や取引先の多くも、

強引な企業買収には抵抗感があるでしょう。

そのような状態で企業買収を行って本当にメリットがあるのでしょうか?

将来企業が成長、発展するために企業買収を行うのではないでしょうか?

いつしか、買収すること自体が目的になっているのではないでしょうか?

法律違反しないことだけではなく、

高いモラルに基づいて意思決定が行われるべきだと思います。

企業買収に成功しても、信用を無くしてしまえば何にもなりませんからね。

「経済道徳」を守ることが企業経営において最も大切なことの一つです。

私も意思決定に迷ったときは必ず「人間として正しい行いかどうか」

を考えてから行動するようにしています。

ドンキホーテの長期的な株主利益の観点からは、

今回の企業買収劇はうまくいかないように思えてなりません。

それにしても、楽天のTBS買収問題はどうなったのでしょうか?

いつの間にか忘れられているような気がしますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

確定申告スタート

今日から確定申告が始まりました。

とはいえ、還付申告などの一部の確定申告は2月1日から始まっているため、

今日からスタートという実感は正直言ってありません。

私自身も税務署が主催する確定申告無料相談会にも2回ほど参加しましたし、

既に作成が終わっていている申告書も結構ありますしね。

3月15日までが期限になっているので、しばらくの間忙しくなりそうです。

皆さんもお忘れなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

久しぶりの更新です。

出張等で忙しくしていたため、久しぶりの更新です。

今日は、確定申告の無料相談会に行ってきました。

2月から3月上旬にかけて毎年行われています。

徳島市はアスティ徳島で例年行われています。

今年2度目の無料相談でしたが、今年の割り当ては無事終了しました。

税理士にとっては少し負担のかかる業務ですが、

納税者の立場からは非常に好ましい制度だと思います。

税金を納めるための環境整備は非常に重要だと思います。

あとは、もっと納税しやすいような税制改正を望むのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »