« タリーズオープン | トップページ | WBC優勝! »

2006年3月19日 (日)

1兆7500億円は適正か?

ソフトバンクが国内携帯電話3位のボーダフォンを買収するようです。

買収価格は、なんと1兆7500億円だそうです。

仕事柄、帳簿上の数値が巨額なのは慣れていますが、

さすがにここまでくると感覚がマヒしそうです。

ソフトバンクとしては、ブロードバンド通信の強化と

ヤフーなどと連携して携帯電話を使ったコンテンツビジネスを拡大させるつもりでしょう。

確かに、非常にシナジー効果があり、

ソフトバンクグループの収益に大きく寄与すると思います。

しかし、投資額があまりにも大きすぎるので、

費用対効果があるのかよく分かりません。

孫社長も勝負に出たなと思いました。

おそらく、勝算はあるのでしょうが・・・

国内携帯電話2位のKDDI(AU)の時価総額が約2兆6000億円です。

売上高、営業利益共にボーダフォンはKDDIの半分程度ですから、

2兆6000億円の2分の1にプレミアムをつければ、

計算上は買収価格に近い金額になります。

実際の買収価格の算定は、そんなに単純なものではないでしょうが、

将来キャッシュ・フローなどを勘案して、採算が取れると判断したのでしょう。

しかし、ボーダフォンの買収だけではなく、

設備投資にも多額のコストがかかります。

まだ、買収後のソフトバンクの戦略が公表されていないので、

具体的な判断はできませんが、

ソフトバンクにとって失敗できない案件であることは間違いありません。

ソフトバンクが価格競争を仕掛ければ、

携帯電話市場の価格破壊が起こり、消費者にとっては好ましいかもしれません。

また、他の携帯電話会社で提供していないようなサービスも行うのだと思います。

今後いろいろな動きがありそうで楽しみです。

|

« タリーズオープン | トップページ | WBC優勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/9144882

この記事へのトラックバック一覧です: 1兆7500億円は適正か?:

» ソフトバンク、ボーダフォン日本法人の買収について [taki-log@たきもと事務所]
 こちらも数日遅れですがコメントしたいと思います。  毎日新聞より抜粋 ---- [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 (火) 01時56分

« タリーズオープン | トップページ | WBC優勝! »