« 建設産業経営戦略セミナー | トップページ | 王子製紙TOB失敗 »

2006年8月24日 (木)

会計参与は普及するか?

「会計参与」中小企業300社導入・経理の信頼性向上狙う

 中小企業向けの新しい役員制度「会計参与」を導入した企業が300社前後に上ることが分かった。5月の会社法施行で始まった会計参与は、税理士や公認会計士が就任して取締役と決算書を作成し、決算書の虚偽記載や改ざんを防ぐ役割を担う。決算に対する信用が高まり、取引や資金調達の条件が有利になりやすいため、導入企業はさらに増えそうだ。

 日本税理士会連合会によると、会計参与に就くために身分証明書を発行した税理士は300人強。「うち6―7割がすでに就任済み」という。(NIKKEI NET

意外に多くの会社が会計参与を導入していますね。

ベンチャー企業や資金調達の重要性が高い会社にとっては、

利用価値のある制度かもしれませんね。

|

« 建設産業経営戦略セミナー | トップページ | 王子製紙TOB失敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/11591080

この記事へのトラックバック一覧です: 会計参与は普及するか?:

« 建設産業経営戦略セミナー | トップページ | 王子製紙TOB失敗 »