« 会計参与は普及するか? | トップページ | 皿そば »

2006年8月29日 (火)

王子製紙TOB失敗

王子製紙、TOB「不成立へ」・社長が事実上の敗北宣言

 王子製紙の篠田和久社長は29日、記者会見し、北越製紙に対する敵対的TOB(株式公開買い付け)について「不成立の方向」と述べた。成立をめざし検討していたTOBの条件変更は「企業価値の向上につながらない」として断念。北越の最新鋭工場を活用した経営効率化策は実現せず、500億―600億円を投じ自前の最新設備を徳島県阿南市の富岡工場に新設する路線に軌道修正する。国内大企業間では初の敵対的な買収攻防は業界内外の反発で、期日を待たず決着する。

 王子製紙は9月4日を期限とするTOBで、北越株の5割超の取得を目指しているが、篠田社長は最大で3割前後しか応募が確保できないとの見通しを表明。「限りなく不成立の方向」と事実上のTOB失敗を認めた。

NIKKEI NET

予想通り失敗しましたね。

これで、少しのお金を多くの信用を失ったと思います。

TOBを行って得たものははっきり言って何もないと思います。

嫌がる相手と無理やり一緒になろうという行為自体無理があります。

経営統合による効果があるかどうか以前の問題です。

報道では、徳島県阿南市に500億から600億円の投資を行う

となっていますね。

徳島にとっては、TOB失敗の恩恵があるかもしれませんね。

まさに、棚からぼた餅ですね。

|

« 会計参与は普及するか? | トップページ | 皿そば »

コメント

はじめまして。ときどき拝見させていただいています。

ホントおっしゃるとおり、王子製紙が得たものは失敗の経験だけでしょうね~。
しかしプラント製作を手掛けている会社を経営する私の友人は、早速大規模な見積りを依頼されたようです。

徳島にとってはいい結果になりましたね。

投稿: blue_beens | 2006年9月 4日 (月) 09時32分

blue_beensさん

コメントありがとうございます。
本当にやる前から失敗が決まっていたようなTOBでしたね。
設備産業にとっては、新たな需要ができたので、
よかったかもしれませんね。
やっぱり敵対的買収は難しいですね。

投稿: G.Goto | 2006年9月 5日 (火) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/11674563

この記事へのトラックバック一覧です: 王子製紙TOB失敗:

« 会計参与は普及するか? | トップページ | 皿そば »