« 事務所旅行 | トップページ | 日本租税総合研究所設立 »

2006年9月10日 (日)

青年社長

ワタミ株式会社を創業した渡邉美樹社長を主人公としたドキュメンタリーです。

渡邉社長といえば、居酒屋チェーンだけでなく、介護事業、学校教育、農場の経営など

さまざまな分野で活躍されています。

本を読むと創業から今までの間かなり苦労されているようです。

成功したのは、最後まであきらめない気持ちと

渡邉社長の人をひきつける魅力があったからだと思います。

経営の危機に直面しても数多くの方が支援してくれたようです。

そして何よりも渡邉社長の強い精神力があったからこそ

ここまでこれらのだと思います。

経営には、いいときもあれば悪いときもあります。

悪いときにどのように乗り越えるかが経営者の能力であると思います。

都合の悪いことや問題点はどうしても先送りにしてしまいがちです。

しかしそのようなときこそ経営者が先頭に立って問題点を解決していくべきだと思います。

サクセスストーリー的な部分もなくはないですが、

危機に直面したときの経営判断は非常に参考になりました。

また、著者である高杉良氏が細かい部分まで丁寧に取材してくれているので、

非常に分かりやすかったと思います。

|

« 事務所旅行 | トップページ | 日本租税総合研究所設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/11847583

この記事へのトラックバック一覧です: 青年社長:

» 和民市場(川崎たちばな通店)Part8 [ワタミによく行くぉっさんのBlog]
船上から見たビル群 レインボーブリッジ ゆかたダンサーズ ショーを見ている人々 DJ 昨日は東京湾納涼船ツアーに行ってきた。9月なので参加者が少ないかと思いきやとんでもなかった。竹芝桟橋に着いたら200メートルくらいの人の列が出来ていた。私は乗船時間ギリ..... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 02時29分

« 事務所旅行 | トップページ | 日本租税総合研究所設立 »