« 政府税調会長決まる | トップページ | 減価償却費見直しへ »

2006年10月24日 (火)

番号ポータビリティ制度始まる。

 ソフトバンクの携帯子会社ソフトバンクモバイルは23日夜、26日から導入する携帯電話料金の新体系を発表した。競合するKDDIやNTTドコモの全料金体系から200円安く設定するほか、独自の料金体系も導入する。独自の料金体系では、基本使用料を除きソフトバンク加入者同士の通話料・メール使用料を無料にする。番号ポータビリティー(継続)制度が24日から始まるのを前に、大胆な料金戦略を打ち出し顧客の囲い込みを図る方針だ。同日会見した孫正義社長は「どこから見てもどこが一番安いかわかりやすい」と述べ、新料金に自信を見せた。

 他社の料金から200円引き下げるか、ソフトバンク独自の料金を使うかは顧客が選択できる。孫社長は「おそらく、8割以上の顧客が独自プランを利用する」との見通しを示した。独自の料金体系は、来年1月15日までの申し込みまでは適用するが、その後の料金については「現時点ではわからない」という。(NIKKEI NET

ソフトバンクモバイルが価格競争に打って出ました。

Vodafone買収のために1兆7500億円を使ってますから、

新しい価格体系で、想定どおり顧客が獲得できるか、

利益を計上できるかが課題になります。

どちらにしても、勝負に出たことは間違いないですね。

顧客にとっては、喜ばしいことですね。

ソフトバンクに追随して、NTTDocomoやauがどのようにでるか注目したいところです。

ソフトバンクは、ここ数年利益がほとんど出せていないので、

携帯電話事業で必ず利益を出さないと、本当に苦しくなると思います。

そういう意味でも、今回の発表は会社の命運を賭けた事業だと思います。

|

« 政府税調会長決まる | トップページ | 減価償却費見直しへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/12417648

この記事へのトラックバック一覧です: 番号ポータビリティ制度始まる。:

» 番号ポータビリティ [エンタメ亭]
番号ポータビリティ 著 者: 池田 康祐 携帯電話の番号がそのままで他社に変更できる 「番号ポー... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 15時36分

« 政府税調会長決まる | トップページ | 減価償却費見直しへ »