« 不二家について② | トップページ | 南の島のたったひとりの会計士 »

2007年1月20日 (土)

利上げ見送りへ

 日銀の福井俊彦総裁は18日午後、金融政策決定会合後の記者会見で、現状の金融政策の維持を決めた背景について「経済指標に強弱の指標が出ており、今後経済・物価情勢をさらに見極める必要があると判断した」と述べた。

 さらに「我が国経済は弱含みで推移しているが、先行きは(2006年10月にまとめた)見通しに沿って推移する可能性が高い」と指摘した。今後の金融政策運営に関しては「緩和的な金融環境を維持しながら、経済・物価情勢の変化に応じて徐々に金利水準の調整を行う」とした上で、「あらかじめスケジュール観をもっていない。情勢を丹念に点検し、適切に判断する」との考えを示した。(NIKKEI NET

これは正解ですね。

利上げに賛成の方もいらっしゃるようですが、

それでは地方経済がボロボロになるでしょうね。

大企業や首都圏は問題ないでしょうが。

日銀の幹部の方には、地方経済を視察してほしいものです。

地域格差がどのようなものか実感していただいた上で、

利上げの議論をしてほしいものです。

地方経済の実態を踏まえた上で判断したほうが

より良い判断ができると思います。

|

« 不二家について② | トップページ | 南の島のたったひとりの会計士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/13596254

この記事へのトラックバック一覧です: 利上げ見送りへ:

« 不二家について② | トップページ | 南の島のたったひとりの会計士 »