« 三洋電機粉飾決算の疑い | トップページ | みすず、トーマツに監査業務300社移管へ »

2007年2月25日 (日)

日興コーディアルグループ、シティグループ傘下に!

 米シティグループが日興コーディアルグループに対し、資本支援を検討していることが23日、明らかになった。東京証券取引所は不正会計問題をめぐり、日興の上場を維持するか廃止するかを3月にも決める。シティの出資比率は現在4.9%で、日興が上場廃止の場合は完全子会社化、上場維持なら33.3%超に出資比率を引き上げる方向で調整している。日興はシティグループ入りにより、失墜した信用の回復を目指す。

 シティは日興と日本やニューヨークで条件などの話し合いを進めている。両社は金融庁にも協議の進ちょくを報告している。(NIKKEI NET

大きく動きましたね。

シティグループは、「棚からぼた餅」といったところでしょうか。

やはり、そこまでしなければ生き残れないのでしょうか?

日興コーディアルグループは、旧経営陣に対する損害賠償も検討しているようです。

報道によると、金額は30億円!?

どのように損害額を算定したのでしょうか?

それにしても、不祥事に厳しい時代になってきましたね。

シティグループの資本参加や旧経営陣に対する責任追及よりも、

再発防止策を検討することのほうが重要だと思いますが・・・

今回のような問題ある会計処理を二度と起こさないような

内部統制と構築することが最も重要ではないでしょうか?

外資系の金融機関の資本参加や旧経営陣の責任追及では、

社内体制は整備されないように思えますが・・・

これらの事実をスケープゴートにして、

本質的な問題をぼやかしているようにも思えます。

今やるべきことは、適切な情報開示体制の構築だと思います。

|

« 三洋電機粉飾決算の疑い | トップページ | みすず、トーマツに監査業務300社移管へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/14051705

この記事へのトラックバック一覧です: 日興コーディアルグループ、シティグループ傘下に!:

» 日興コーディアルグループの利益水増し問題で流行りそうなダジャレ! [株に勝つ!『スーパー・相場の女神』]
「前社長ら3人に31億円賠償請求=利益水増し問題で」  日興コーディアルグループは27日、利益水増し問題に関連して、有村純一前社長ら旧経営陣3人に対し総額31億円の損害賠償請求の訴訟を提起する方針を決定した。同社が設置した責任追及委員会の答申を踏まえ、厳... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 12時25分

« 三洋電機粉飾決算の疑い | トップページ | みすず、トーマツに監査業務300社移管へ »