« 日銀金利引き上げへ | トップページ | 日興コーディアルグループ、シティグループ傘下に! »

2007年2月23日 (金)

三洋電機粉飾決算の疑い

報道されているとおり、三洋電機の平成16年3月期の決算で

子会社株式などの評価損を適切に計上しなかった疑いが出ています。

再建途中でかつ再建計画も二転三転していますから、

ここで適切な情報開示をしないとさらに市場からの信頼を損なう結果になりますね。

監査していたのはまたもや旧中央青山監査法人のようです。

ここまでくると、他にも問題があるのではないかと思われてしまいますね。

これを機に監査の品質を高められるような組織体制に移行したほしいものです。

社会から信頼されるような監査制度にしなければなりません。

三洋電機の先行きも心配ですね。

情報開示を適切にし、経営責任を明確にし、

今後の経営方針と事業計画を明確に打ち出し、

市場からの信頼を回復するしか方法はありません。

道は険しいですが、社会的な影響が大きいだけに是非再生してほしいものです。

|

« 日銀金利引き上げへ | トップページ | 日興コーディアルグループ、シティグループ傘下に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/14025040

この記事へのトラックバック一覧です: 三洋電機粉飾決算の疑い:

» 三洋電機 巨額粉飾の疑い  [◆CFOのための最新情報◆]
今朝の朝日新聞1面より 『経営再建中の電機大手、三洋電機が、04年3月期決算(単体)で債務超過状態の子会社などで約1900億円の損失処理を検討しながら、実際には約500億円しか処理せずに済ませていたことが、朝日新聞の取材でわかった。適切に処理していれば...... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 00時39分

« 日銀金利引き上げへ | トップページ | 日興コーディアルグループ、シティグループ傘下に! »