« 経営者養成セミナー | トップページ | ふるさと納税は定着するか? »

2007年5月 8日 (火)

建設業新事業報告会

4月27日(金)に虎ノ門パストラルで開催されました。

概要はこちら↓

http://www.yoi-kensetsu.com/model18.html

顧問先も新規事業で出展していたので、参加してきました。

想像していたよりも、全国の建設業の経営者の方が新しいビジネスについて

いろいろ考えられているので驚きました。

建設業は公共工事の削減などによって、

業界全体の環境が大きく変化しているので、

経営のやり方自体を大きく変革する必要があります。

新事業に進出することだけが経営改善ではありませんが、

今までの既成概念を取り払い、新しいことにチャレンジする姿勢は非常に重要です。

本報告会でも、多くの建設業の経営者が

いろいろな挑戦をされていることがわかりました。

これは建設業界全体にとってもすばらしいことだと思います。

プレゼンテーションもほとんどの経営者がパワーポイントを使い、

上手に説明されていました。

こういった報告会では、ある程度の説明能力も要求されます。

特に、新しいことに挑戦するときには、全然知らない方に対しても、

丁寧に説明しないと、自分の思いが相手にうまく伝わりません。

そういう意味でも、非常にいい報告会だったと思います。

私自身も、刺激になり、また勉強になりました。

|

« 経営者養成セミナー | トップページ | ふるさと納税は定着するか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/15000623

この記事へのトラックバック一覧です: 建設業新事業報告会:

« 経営者養成セミナー | トップページ | ふるさと納税は定着するか? »