« 福岡親和HD清算へ! | トップページ | 使う!論語 »

2007年6月 7日 (木)

コムスン介護事業営業譲渡へ

 グッドウィル・グループは6日夜、2011年12月まで介護事業所の新規指定や更新が打ち切られることになったコムスンの全事業について、グループ企業である日本シルバーサービス(東京・目黒)に7月31日付で譲渡すると公表した。介護サービスの継続と従業員の雇用維持が狙いとしている。

 3社がそれぞれ臨時取締役会を開いて決議した。「コムスンの利用者は1日あたり延べ10万人に達する。指定打ち切りの悪影響を最小限にとどめるため、グループ内で事業譲渡することにした」(グッドウィル)

 事業譲渡が実行された場合、厚生労働省による指定打ち切り処分が骨抜きになるが、両社の役員が重ならないなどの条件を満たせば介護保険法上は規制の対象外。同省は事実上、容認せざるを得ないとの姿勢だ。ただ実際の事業の都道府県の審査はより厳格にする方向だ。(NIKKEI NET

これが許されるのであれば、何のための行政処分かわかりませんね。

行政処分が完全に形骸化してしまいます。

不正行為を働いた企業はそれなりのペナルティーがあるような制度にしないと、

悪いことをした企業が得をするようになってしまいます。

厚生労働省は、関連会社への営業譲渡を凍結すべきとのコメントを出したそうですが、

法的にできないようにすべきではないでしょうか?

第三者へ営業譲渡を行うのならわかるのですが、

これが認められるのであれば、問題が起こるつど

関連会社へ事業を移していけばいいことになります。

|

« 福岡親和HD清算へ! | トップページ | 使う!論語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/15347895

この記事へのトラックバック一覧です: コムスン介護事業営業譲渡へ:

« 福岡親和HD清算へ! | トップページ | 使う!論語 »