« 大塚国際美術館 | トップページ | 日銀、金利引き上げ見送りへ »

2007年8月23日 (木)

三越、伊勢丹経営統合へ

三越と伊勢丹が経営統合することが正式に発表されました。

これで、日本最大の百貨店グループが誕生することになります。

大手百貨店では、そごうと西武百貨店、阪神と阪急、大丸と松坂屋

など業界再編が進んでいます。

ただ、経営統合の効果があるかといえば、別の問題があります。

三越は、出店費用や店舗の改装費用を捻出するため、

自社の収益力だけでは不安があるので、

収益力の高い伊勢丹の力を借りたかったのでしょう。

一方、伊勢丹は関東を中心に店舗が集中しており、

三越の幅広い店舗網に魅力があったのでしょう。

経営統合によって、若者をターゲットとした店舗を作りたい地域で、

既存の三越を伊勢丹ブランドに変えてしまうといった

大胆な選択ができるのであれば、少しは経営統合の効果がでるのでしょうが、

これだけの大きな百貨店同士の経営統合であれば、

利害調整のコストがたくさんかかるような気がします。

三越と伊勢丹の従業員をたして2で割るような人事ではうまくいかず、

出身会社に関係なく適材適所に人事や経営判断ができれば効果はあるのでしょうが、

企業文化の異なる企業の経営統合はなかなか難しいと思います。

|

« 大塚国際美術館 | トップページ | 日銀、金利引き上げ見送りへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/16219372

この記事へのトラックバック一覧です: 三越、伊勢丹経営統合へ:

» 百貨店業界のドン三菱 [ビジネスニュース最前線]
三越と伊勢丹が統合発表してはや一週間、まだまだ衝撃の余韻が残っていますね。三越の奪い合いという構図は大丸&松坂屋の統合発表以降、ずっと注目され続けていました。ざっくり言うと、セブンorイオンか、あるい...... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 16時01分

« 大塚国際美術館 | トップページ | 日銀、金利引き上げ見送りへ »