« 古田監督退任へ! | トップページ | 愛媛県建設産業経営革新支援講座 »

2007年10月 1日 (月)

郵政公社民営化へ!

ついに郵政公社が民営化しましたね。

従業員24万人の日本最大の企業グループの誕生です。

まずは民営化によってサービスの向上を果たしてほしいものです。

噂によると、郵政公社の内部統制は社会保険庁に劣らないくらいひどいようですね。

今まで、ディスクローズ機能は事実上なかったに等しいので、

仕方がない部分もあるでしょうが、これからはそうはいかないでしょう。

民間企業ですから、国民の信頼を裏切るようなことがあれば倒産もありえます。

そのためにも、早急に内部管理体制を整備することが必要ですね。

一つの方法として、株式公開を目指すのもいいかもしれません。

当面、株式公開審査に耐えれる程度の内部管理体制を目標にすることができます。

財務局、証券取引所、証券会社、公認会計士などの外部のチェックも入ります。

民営化された郵政公社は、政府の100%子会社ですから、

株式公開をすれば、国の財源の助けにもなるはずです。

国民により良いサービスを提供し、利益をあげ、税金をたくさん支払う

健全な企業になってほしいものです。

個人的には、社会保険庁も完全民営化でいいと思いますが・・・

|

« 古田監督退任へ! | トップページ | 愛媛県建設産業経営革新支援講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/16633211

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政公社民営化へ!:

« 古田監督退任へ! | トップページ | 愛媛県建設産業経営革新支援講座 »