« 2009年11月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年6月 2日 (水)

鳩山総理辞任

久しぶりの更新です。

皆さんも報道でご存知だとは思いますが、辞任されるようですね。

「普天間問題」、「政治と金の問題」など辞任すべき理由はたくさんありますが、

初心を貫徹する意志はないのでしょうか?

政権交代によって、政治家と官僚と財界のしがらみをたち

国民のための政治をするのではなかったのでしょうか?

政治家であれば、公約したことを最後まで実行してほしいものです。

公約したことと違うことを実行するのであれば、

国民は何を基準に投票したらいいのかわかりません。

公約したことを実行するのであれば、

公約の内容が正しいかどうかは国民が選挙という手段を通じて

自分の意志を政治に反映させることができます。

あとは、最後までやり遂げる強い意志と実行力が必要です。

仮にも一国の総理大臣なのですから、途中で職務を投げ出すのはどうかと思います。

日本の将来よりも参議院選挙のほうが重要なのでしょうか?

このような政治を続けられたらいつまでたっても日本は良くならないと思います。

早く本当の政治家が現れないと日本の将来が心配ですね。

これによって、景気に悪影響がなければいいのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年10月 »