« 鳩山総理辞任 | トップページ | 「伊賀の里モクモク手づくりファーム」に行ってきました。 »

2010年10月 5日 (火)

包括緩和へ

 日銀は5日、4年3カ月ぶりに実質的なゼロ金利政策の復活を宣言するとともに、国債やコマーシャルペーパー(CP)など5兆円規模の多様な金融資産を買い進めるための基金創設の検討を表明した。市場に驚きを与えた一連の政策を、白川方明総裁は記者会見で「包括緩和」と命名。デフレ脱却に向けて「金融政策は異例の世界に入っていく」と述べた(時事通信)。 

対策は遅すぎますが、望ましいですね。

円高が進み始めた頃にやらなければいけませんね。

予測されていない方法をとったことで、市場に対するメッセージにもなりますね。

日銀は「本気で金融緩和するんだ」という意気込みを伝えることが重要です。

あとは、緩和した資金をどのように民間に流すかですね。

ここは金融機関の役割です。

成長性のある産業や事業性のある中小企業に対して貸出金を増やせればいいですね。

セーフティネットも重要ですが、成長戦略はもっと重要です。

将来性のある分野、成長が期待できる分野に投資できる世の中にしたいものです。

|

« 鳩山総理辞任 | トップページ | 「伊賀の里モクモク手づくりファーム」に行ってきました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112834/49658218

この記事へのトラックバック一覧です: 包括緩和へ:

« 鳩山総理辞任 | トップページ | 「伊賀の里モクモク手づくりファーム」に行ってきました。 »