2005年8月 8日 (月)

衆議院解散

郵政民営化法案が否決されて、衆議院が解散総選挙になる見通しです。

郵政民営化に関しては、賛否両論があると思いますが、

せっかくの機会なので、民意を反映した選挙にすべきだと個人的には思っています。

投票率が上がれば、国民が郵政民営化に関して

賛成か反対か明確になるのではないでしょうか?

このようなことは、私が成人になってから初めての経験です。

是非、この機会に選挙に参加して、国民の意見を政治に反映させましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

郵政民営化

郵政民営化法案が参議院で否決されそうな見通しです。

私自身政治にはそれほど興味があるわけではないのですが、

世間を騒がしているということもあり、少しだけコメントしたいと思います。

現状の議論では、正直民営化のメリット、デメリットがわかりません。

私の感覚では、民営化したほうが効率的になり日本の国益になると思います。

今、日本は財政危機の状態にあるわけですから、

少しでも無駄をなくして効率的な政府にしなければいけないと思います。

いわゆる「小さな政府」というものを目指せばいいと思っています。

しかし、感覚的に民営化法案を成立させるわけにはいけませんから、

もっと民営化のメリット、デメリットについての議論を深めればいいと思います。

そしてどのように民営化すれば日本の国益にかなうのかを議論すべきだと思います。

今の民営化の議論は日本の国益になるかどうかの議論がとばされていると思います。

本来、特定郵便局長が法案に賛成しているかどうかなど関係ないのです。

特定郵便局長の立場からは、自分の将来のポジションが民営化によって

不安定な状態になるので、反対するのは当然のことだと思います。

しかし、それは個人的な利益の問題であって、

日本国家の利益とは関係ないと思います。

政治家であれば、日本国家の利益のために郵政民営化をすべきかどうか

民営化すべきであればどのような民営化が望ましいかだけを議論すれば良いのです。

特定郵便局長の見解や否決されたら衆議院が解散するかもしれないから

といったことは関係ない問題ではないでしょうか?

特に、衆議院の解散は政治家個人の問題であって、

国益の問題ではないのです。

それならば、郵政民営化法案が否決され、衆議院を解散して

もう一度国民の意見を聞いてみればいいと思います。

郵政民営化に賛成か反対かだけが争点になるのではなく、

日本国家の利益のために働いている政治家かどうかで投票すれば、

いい結果が得られるのではないでしょうか?

投票率が大幅に上昇すれば、族議員の組織票の効果がうすれるので、

本当に国家のことを考えている政治家が投票されやすいのだと思います。

国家のことを真剣に考えている政治家がいるかどうかは別にして、

一人一人が投票に行かない限り、

今の深刻な政治不信は解決しないのだと思います。

あくまで、個人的な意見ですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)