2006年5月 8日 (月)

飛行機がぁ・・・

飛行機で帰路に着こうとして離陸したのはいいのですが、

空港の周りが霧で覆われていて、着陸できません。

空港の周りを30分位旋回して、天候が変わるのを待っていたのですが、

結局霧は晴れず、仕方なく伊丹空港へ着陸してしまいました。

夕方4時半には到着しているはずが、

夜の12時位の帰宅になってしまいました。

霧の中むりやり着陸するよりはいいのですが、

とんだゴールデンウィーク最終日となってしまいました。

飛行機には頻繁に乗るのですが、目的地に着陸できず、

他の空港に着陸したのは初めてです。

これも、いい経験といえばそれまでですが、

少しドキドキしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月14日 (火)

愛知万博

愛知万博に行ってきました。

さすが21世紀の技術の結晶がつまっていて見ごたえがあります。

冷凍マンモスも見てきました!

数千年前、数万年前の姿がそのまま残っているのはすばらしいです!

自然の力のすばらしさを改めて感じました。

ただ、人の多さにはびっくりしました。

そんなに混雑していないだろうという読みはもろくも崩れてしまいました。

中には270分待ちというパビリオンまでありました。

当然私は並んでいませんが・・・

もう少し、混雑緩和のための工夫が必要だと思いました。

アメリカのディズニーランドでは、同じアトラクションでも複数のものが用意されています。

例えば、スペースマウンテンでは、入り口は1つですが、

中で分かれていて、同時に複数のアトラクションが用意されています。

もちろんすべて同じアトラクションです。

日本の人口や海外からの観光客の人数を考えると、

1つのパビリオンだけで消化できる人数はどうしても限界があります。

マンモス観覧は、複数のパビリオンにすることは不可能ですが、

他の企業パビリオンは複数作ることが可能だと思います。

せっかくの万博ですから、混雑緩和のための配慮がもっとあってもいいと思いました。

今の時期でこれだけ混雑しているのだから、

夏休みにはもっと混雑することが予想されます。

しかし、混雑しているからといって、万博の価値がなくなるわけではありません。

計画を立てて少しでも多くのパビリオンを観覧してください。

事前予約や整理券などを利用すれば効率的な観覧ができると思います。

21世紀初めての万博は一見の価値があると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)