2010年6月 2日 (水)

鳩山総理辞任

久しぶりの更新です。

皆さんも報道でご存知だとは思いますが、辞任されるようですね。

「普天間問題」、「政治と金の問題」など辞任すべき理由はたくさんありますが、

初心を貫徹する意志はないのでしょうか?

政権交代によって、政治家と官僚と財界のしがらみをたち

国民のための政治をするのではなかったのでしょうか?

政治家であれば、公約したことを最後まで実行してほしいものです。

公約したことと違うことを実行するのであれば、

国民は何を基準に投票したらいいのかわかりません。

公約したことを実行するのであれば、

公約の内容が正しいかどうかは国民が選挙という手段を通じて

自分の意志を政治に反映させることができます。

あとは、最後までやり遂げる強い意志と実行力が必要です。

仮にも一国の総理大臣なのですから、途中で職務を投げ出すのはどうかと思います。

日本の将来よりも参議院選挙のほうが重要なのでしょうか?

このような政治を続けられたらいつまでたっても日本は良くならないと思います。

早く本当の政治家が現れないと日本の将来が心配ですね。

これによって、景気に悪影響がなければいいのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

金融危機は日本にとってマイナスか?

株価の暴落が止まりませんね。

こうしている間にもアメリカの株式市場も大暴落しているようです。

日本では、大和生命が会社更生法を申請し、

短期的には金融市場が混乱するでしょう。

株価が大暴落しているため、

金融機関や上場企業などが多額の評価損を計上する必要が生じるでしょう。

公的資金を必要とする地方銀行、信用金庫、信用組合などもあるでしょう。

個人の株式の含み損も膨らんでいるでしょうから、

個人消費にも良い影響がないでしょう。

しかし、日本の実体経済に大きな変化はありません。

欧米の金融機関は、サブプライムローンで多額の損失を計上していますが、

日本の金融機関は、サブプライムローンや

リーマン・ブラザーズ破綻による損失は限定的です。

また、金融危機によって、野村證券がリーマン・ブラザーズの

アジアおよび欧州・中東部門をただ同然で買収できましたし、

三菱UFJ銀行がモルガンスタンレーの株式の20%超を取得し、

役員を派遣する方向で検討しているようです。

これらのM&A(企業の合併または買収)が成功するとは限りませんが、

欧米の経済が健全であれば、絶対に実現しなかった案件です。

金融危機によって、世界的に金不足になっていますから、

原油価格も大暴落するでしょう。

原油価格は現に下がってきています。

これによって、ガソリン価格が下落すれば、

日本国民の生活や運送業などの事業所は助かることになるでしょう。

最近の物価高も原油価格の高騰や欧米の好景気が発端となっていたので、

原油価格が下がり、欧米の景気が冷え込めば、物価の上昇も落ち着くと思われます。

今、日本にとって重要なのは、

第一に金融危機にならないような金融政策を行うことです。

貨幣の供給量を増やすことや、市場への買いオペレーション、金利の引き下げなどは

早急に実施すべきでしょう。

破綻しそうな金融機関に公的資金を投入することも必要でしょう。

日本の金融機関が多額の損失を計上しているわけではないので、

正しい金融政策を行えば、比較的簡単に金融危機は乗り越えれるはずです。

次に、日本経済が不景気になっているので、

財政政策によって、景気を刺激することが必要です。

もちろん、財政再建は非常に重要ですし、先送りすべきではありません。

ただ、物価高に続き、現在の金融危機によって、

外国資本をあてにすることはできません。

また、日本の金融機関の体力も消耗しているので、

金融機関だけの力で不景気を乗り越えるのは困難でしょう。

ここは、政府が財政支出を増やして、景気を回復させることが大切です。

景気が後退してからそれほど時間がたってないので、

今、正しい財政支出をすれば、日本経済にとってプラスになるはずです。

できるだけ、早期にある程度まとまった金額の財政支出が必要でしょう。

基本的に、二度、三度と補正予算を組むのは望ましくないですし、

それだけ日本の財政が悪化していくので、

追加的な財政支出は一度で終わらせることが必要です。

具体的にいつまでにいくら財政支出を行い、財源を明示し、

追加的な財政支出は原則として行わないというメッセージを送ることが必要です。

そうすれば、財政支出によって、景気は刺激され、

単発の財政支出で財源を明確にすれば、財政再建に大きな影響はないはずです。

金融政策も財政政策も早急に実施する必要があるので、

政府の力量が試されると思います。

野党も具体的な政策を提案する必要があるでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2008年9月 2日 (火)

内閣総理大臣って?

福田総理が辞任会見しましたね。

完全に他人事のような会見でしたね。

このタイミングでやめるなら最初から総理になるな!

といいたいですね。

内閣総理大臣は、日本の行政のトップなのですから、

いろいろな苦労や大変なことがあって当たり前です。

次の総理大臣は、日本国家のためなら死んでもいいという

志を持った人になってもらいたいものです。

それくらいの気持ちがないと、世の中を変えることなどできるはずがありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

10億円横領

茨城県国民健康保険団体連合会(石塚仁太郎理事長)が管理する保険料の口座から約2800万円を着服したとして、県警は22日、業務上横領容疑で連合会の元会計課主任、森知勇容疑者(34)=水戸市中央=を逮捕した。

 連合会も同日、森容疑者が過去3年間に約10億円を着服していたと発表、森容疑者を懲戒解雇した。現在発生している損失分については繰越金で補てんし、医療機関への診療報酬支払いに支障はないとしている。

 調べでは、森容疑者は会計課主任として、市町村が集めた保険料を診療報酬として支払う業務を担当。監査を受けない預金口座に保険料などを移した上で、3月に9回引き出して着服した疑い。「競艇などのギャンブルに使った」と容疑を認めているという。

 連合会によると、2005年4月から08年3月までの間、少なくとも100回以上にわたり、1回当たり100万―300万円を複数の口座から着服。発覚を免れるため決算時期に、使い込んだ分を高額医療に関する特別会計の口座から充当していた。(NIKKEI NET

こんな事件が起こりえること自体が信じられないですね。

組織が資金を支払うときには、第三者のチェックを行うことは当然のことです。

仮に、不正な支出を行っていたとしても預金残高を定期的に確認すれば

異常が発見されるはずです。

上場企業は、2008年4月から内部統制監査が導入されています。

民間企業ですら、内部統制が重視されているのに、

公金を扱う国や地方公共団体は、民間企業よりも厳格な基準が求められるはずです。

しかし、国や地方公共団体は、内部統制に関する明確なルールも

外部の第三者による財務諸表監査も実施されておりません。

この事件は、内部統制の欠陥そのものであり、

その結果、国も地域住民も当事者も不幸な結果になってしまいます。

不正が物理的に行えないシステム

または不正が行われても適時に発見されるシステム

が内部統制において非常に重要になります。

適切な内部統制システムがあれば、

このような事件は未然に防げたのではないでしょうか?

それにしても、記者会見における幹部職員の人数はすごいですね。

10億円の横領を見逃してどのような業務を行っていたのでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

内閣改造へ!

今日、内閣改造が発表されました。

参議院選で大敗しているので、厳しい船出になりそうですね。

とはいえ、年金問題など解決しなければいけない問題がたくさんあるので、

がんばってほしいものです。

最初から今回の内閣にしておけば良かったと思うのは私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月29日 (日)

日本は良くなるのか?

今日は、参議院選挙でしたね。

ご存知のとおり、民主党が勝利して、自民党が敗北しましたね。

これで、衆議院は自民党が過半数を支配し、

参議院は民主党が過半数を支配することになるので、

非常に不安定な国会運営になることが予想されます。

各局のメディアなどの報道を見て気になるのですが、

安部総理の進退問題や今後の政局ばかりが報道されていますが、

日本国家や国民のためにどのような国会運営を行うかが最も重要だと思います。

衆議院を解散して民意を問うなら、それで構いませんが、

今のままで国会運営を行うのであれば、

国民に不利益がないようにしてほしいものです。

特に、年金問題、公務員改革や政治資金規正法などの問題を解決できるような

法律を作り、国民が信頼できる運営をしてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

日銀金利引き上げへ

ついに引き上げられましたね。

金利を現状より0.25%引き上げたようです。

個人的には少しタイミングが早いように思えますが・・・

景気が回復していると巷で叫ばれていますが、

多くの方は実感がないと思います。

預金金利も少しは引き上げられるでしょうから、

銀行預金をしている方にはプラスでしょうね。

逆に、中小企業には非常に厳しいですね。

景気にマイナスの影響が出なければいいのですが。

1月には金利引き上げを見送っていますが、

1月と2月で経済情勢がどのように変化したのでしょうか?

私には全く同じに見えますが・・・

日銀幹部の方には、地方経済も視察した上で、

金融政策の判断をしていただきたいものです。

http://g-goto.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_a55e.html#comments

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

利上げ見送りへ

 日銀の福井俊彦総裁は18日午後、金融政策決定会合後の記者会見で、現状の金融政策の維持を決めた背景について「経済指標に強弱の指標が出ており、今後経済・物価情勢をさらに見極める必要があると判断した」と述べた。

 さらに「我が国経済は弱含みで推移しているが、先行きは(2006年10月にまとめた)見通しに沿って推移する可能性が高い」と指摘した。今後の金融政策運営に関しては「緩和的な金融環境を維持しながら、経済・物価情勢の変化に応じて徐々に金利水準の調整を行う」とした上で、「あらかじめスケジュール観をもっていない。情勢を丹念に点検し、適切に判断する」との考えを示した。(NIKKEI NET

これは正解ですね。

利上げに賛成の方もいらっしゃるようですが、

それでは地方経済がボロボロになるでしょうね。

大企業や首都圏は問題ないでしょうが。

日銀の幹部の方には、地方経済を視察してほしいものです。

地域格差がどのようなものか実感していただいた上で、

利上げの議論をしてほしいものです。

地方経済の実態を踏まえた上で判断したほうが

より良い判断ができると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

東京に金融特区?

訪英中の山本有二金融担当相は8日、東京都内に一段の規制緩和と税制優遇策などを進める金融特区の創設を検討する方針を明らかにした。英財務省幹部らに同日、特区創設構想を伝えた。経済財政諮問会議で具体策を詰める。英金融街シティーのように内外の金融機関の集積を促し、日本の金融・資本市場の活性化に弾みをつけたい考えだ。

 山本金融相は同日、ロンドン市内で英財務省のボールズ財務閣外相(金融担当)、イングランド銀行(BOE)のキング総裁、英シティーのスタッタード市長らと相次ぎ会談し、特区を創設することを表明。キング総裁らも構想に理解を示した。(NIKKEI NET

金融特区自体は賛成ですが、何故東京なの?

って感じです。

これ以上東京にお金と企業を集めてどうするのでしょうか?

東京の地価がさらに高くなりますし、東京ではコスト競争力がありません。

金融特区というからには、多くの外国資本を日本に呼び込むことが目的のはずです。

通常であれば、外資の金融機関が進出しないような地域に、

規制緩和や税制上の優遇措置によって多くの資本を呼び込むことが

金融特区の趣旨ではないでしょうか?

どうせ特区を作るなら沖縄辺りに作れば、いいと思うのですが・・・

沖縄なら気候も観光も申し分ありませんし、

観光が非常に盛んなためか、沖縄県民には排他的なところはあまりありませんし。

沖縄には、観光業以外の産業が少ないので、

規制緩和によって新たな需要を生むことは非常にいいことだと思います。

沖縄で働きたいと思っている人もたくさんいると思います。

シンガポールも元々は何もない地域です。

政策的に観光客と外国資本を呼び込む政策をとっているから、

あそこまで発展したのだと思います。

沖縄に新たな産業が生まれ、雇用が創出すれば、

それに付随してさまざまな産業が潤います。

それが地域格差をなくす経済政策だと思いますが・・・

東京に金融特区があったほうが霞ヶ関の管理はしやすいのでしょうが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月11日 (月)

国債発行額さらに減額へ

国債新規発行額、07年度は最大の減額・首相が指示

 安倍晋三首相は11日、2007年度予算編成で、歳入不足を補うための国債の新規発行額の減額幅を過去最大とするよう尾身幸次財務相に指示した。国債発行額を06年度当初予算の29兆9730億円から4兆4170億円以上減らし、25兆5560億円未満とする。企業業績の改善による法人税などの増加を見込み、財政健全化路線を鮮明にする。

 首相は11日、首相官邸で記者団に「新規国債発行は今年度の30兆円から過去最大の減額を目指していく」と言明。06年度予算の新規国債発行額が、前年度比で4兆4170億円削減されたのがこれまでの最大の減額幅だった。 (NIKKEI NET

このまま景気が持続するといいですね。

このままいくと2、3年後には20兆円を切ることも可能になります。

消費税を増税する必要もないかもしれません。

そこまでいかなくても、財政再建に向けて好材料ですね。

増税などにより景気の腰を折るようなことだけはやめてほしいと思います。

そんなに景気がいいという実感がないのは何故でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)