2010年10月 5日 (火)

包括緩和へ

 日銀は5日、4年3カ月ぶりに実質的なゼロ金利政策の復活を宣言するとともに、国債やコマーシャルペーパー(CP)など5兆円規模の多様な金融資産を買い進めるための基金創設の検討を表明した。市場に驚きを与えた一連の政策を、白川方明総裁は記者会見で「包括緩和」と命名。デフレ脱却に向けて「金融政策は異例の世界に入っていく」と述べた(時事通信)。 

対策は遅すぎますが、望ましいですね。

円高が進み始めた頃にやらなければいけませんね。

予測されていない方法をとったことで、市場に対するメッセージにもなりますね。

日銀は「本気で金融緩和するんだ」という意気込みを伝えることが重要です。

あとは、緩和した資金をどのように民間に流すかですね。

ここは金融機関の役割です。

成長性のある産業や事業性のある中小企業に対して貸出金を増やせればいいですね。

セーフティネットも重要ですが、成長戦略はもっと重要です。

将来性のある分野、成長が期待できる分野に投資できる世の中にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

企業経営勉強会

11月12日(木)に後藤会計事務所主催の企業経営勉強会がありました。

ほぼ毎年開催されていて、今年で13回目になります。

今年は、過去最高の100名を超える方に参加していただきました。

参加していただいた顧問先の皆さんありがとうございました。

外部講師として、

ピアノ教師・徳島ペンクラブ理事  鈴木綾子先生と

四国大学経営情報学部学部長  横畠康吉教授

にご講演をしていただきました。

鈴木先生には、「もう1枚のあまけ」というテーマで上野アメ横で

チョコレート屋を経営されている方のお話していただきました。

横畠教授には、「徳島経済について」というテーマで

主に農業分野の経済学についてお話していただきました。

両名とも非常に興味深い内容のご講演でした。

ありがとうございました。

参加者の方からもいろいろな質問がありました。

最後に、鈴木先生の著書「こころ8分の6拍子」を紹介しておきます。

非常に心温まる著書で、鈴木先生の人柄がよくわかります。

「もう1枚のおまけ」も掲載されています。

ご興味ある方は、徳島の書店で販売されていますので、お買い求めください。

来年14回目の開催を目指して日々精進していきたいと思います。

最後にスタッフの皆さん夜遅くまでありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

会社法入門

というテーマで講演を行いました。

といっても税理士会青年部の講師の担当が回ってきただけなのですが・・・

企業経営者や経理担当者の前で講演を行うことはよくあるので

全く緊張しませんが、今日は緊張してしまいました。

事前準備も比較的少ないほうだと思いますが、

専門家を相手に講演するわけですから

そういうわけにもいかずかなり勉強しました。

そういう意味では非常にいい経験をさせていただいたと思っています。

内容が良かったかどうかわかりませんが・・・

とりあえず、しばらく講師の担当は回ってこないだろうと勝手に安心しています。

最後に、著書の宣伝もさせていただきました。

青年部の皆さんありがとうございました。

レジュメを作成する際に使用したテキストを紹介しておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

担保不動産の売却が容易に!

 自民党司法制度調査会(保岡興治会長)は16日、借金の担保となっている不動産を、裁判所による競売にかけずに所有者の意思で売却額などを決める「任意売却」を進めやすくする法案をまとめた。買い手が見つかった場合に抵当権1位の者が同意すれば、ほかの担保権者が1カ月以内に競売の実施を求めたり、5%以上高い価格での買い取り先を見つけたりしない限りすべての抵当権を外せる仕組みに改める。

 17日に党内手続きを終え、今国会に議員立法で提出する方針だ(NIKKEI NET)。

これは大きな改正ですね。

早く法律を成立させてほしいものです。

高順位の抵当権者が抵当権を外さないために、

不動産が売却できないケースが結構ありました。

それが解消できそうですね。

これによって、不良債権の処理が進むことを期待します。

貸したお金が返ってこないことだけが不良債権の問題ではなく、

遊休不動産が長期的に処分されず、不動産の活用が進まないことも大きな問題です。

特に、経済的には遊休不動産の処分が進まないことのほうが問題です。

基本的に遊休不動産は経済活動を行いませんから、

その不動産が活用できる人がいるのであれば、

遊休不動産が機会損失をうんでいることになります。

金融機関にとっても、競売より任意売却のほうが売却価格が大きいのであれば、

より多くの資金を回収できることになります。

これによって、少しでも地域経済が活性化することを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

徳島銀行、香川銀行経営統合へ

2010年4月をめどに経営統合するようです。

徳島経済にプラスになることを期待します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

ここ最近暗いニュースが続いていますが、このような環境のときこそ

明るく前向きに行動すべきだと思います。

好景気とはいえませんが、諸悪の根源はサブプライムローンです。

欧米の金融機関は、不良債権の処理にまだまだ時間がかかるでしょうが、

日本の金融機関の損失はそれほど大きくありません。

大きな技術革新は、不況の後に起こっているという経験則もあります。

この不況をビジネスチャンスと捉えて、新しいことに挑戦するのも一手です。

就職難といわれているので、この機会に優秀な人材を採用することも

一つの選択肢です。

売り手市場では、採用できない人材が現在の経済環境であれば、

採用できるかもしれません。

ここ最近忙しすぎて、ほとんど更新できていませんが、

今年もマイペースで行きたいと思っています。

ご容赦ください。

それでは、2009年が皆様にとって良い年になることをお祈りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月19日 (火)

経営者セミナー

毎年実施している建設業の経営者を対象としたセミナーが今年も始まりました。

第一回目のセミナーでしたが、

新しい顔ぶれもたくさんあり、非常に良かったと思います。

このセミナーも今年で4年目を迎えます。

今年は、第一回目の講義から参加者の皆様の発言もたくさんあり

例年とは少し違ったセミナーが実施できそうです。

今年は、四国大学からも講師の先生が参加していただけるので、

大変楽しみにしています。

外部講師の方も積極的に参加していただこうと思っています。

1年間は長丁場ですが、

地域経済に少しでも貢献できるようがんばっていこうと思っています。

国の財政が厳しいのはわかりますが、地方の建設業者はもっと苦しいので、

少しくらい景気対策の財政政策があってもいいのではないか?

と思う今日この頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

船場吉兆廃業!

老舗の料亭だっただけに残念ですね。

賞味期限の偽装表示や食べ残しの使いまわしなど

顧客の信頼を失う行為を繰り返したので仕方がありませんね。

長年築き上げた信用も誤った行いをすれば、一瞬にして失ってしまいますね。

私も「他山の石をもって玉を攻むべし」の気持ちで

身を引き締めなければいけませんね。

こういった不祥事は必ず経営者の人災から起こるものです。

「正しさ」よりも「お金」を求めた結果、すべてを失ってしまったのだと思います。

もう少し早い段階で経営者をすべて交代して、

スポンサー企業主導で経営再建ができなかったのでしょうか?

正しい経営が行えるスポンサー企業であれば、

「船場吉兆」ののれんを復活させ、

従業員の雇用を維持することも可能だったように思えます。

湯木佐知子社長の廃業の記者会見に誠意が感じられなかったのは

私だけでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

東証上場不服申立制度創設へ!

 東京証券取引所は今夏にも、上場廃止などの審査対象となった企業側の釈明を処分決定前に聞く「不服申立制度」を新たに設ける。東証の調査と比べて企業側の主張により合理性があると判断すれば、処分しない。審査や処分の公平性や透明性を高める狙い。

 東証は昨年11月、市場の運営と監督業務を別々の法人に分離。新設した「自主規制法人」が新規上場や上場廃止の審査業務を担う。同法人の理事会は5人の理事のうち3人が弁護士、公認会計士などの外部出身者で構成。東証自身の上場を来年に控え、利益拡大を目指す東証の経営方針が審査の中立性を脅かさない体制にした(日経新聞)。

不服申立制度は必要でしょうね。

これ自体は賛成です。

しかし、東証の理事会に不服申し立てする制度はいただけません。

上場廃止を決定した理事会に不服申し立てをしても

公正な判断が期待できないからです。

第三者機関への申立制度にしたほうが、本来の趣旨に合っているような気がします。

東証は今後株式公開を目指しているので、

東証自体のコーポレートガバナンスのあり方が問われると思います。

私個人としては、東証が上場するというのはどうしても理解できないのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

青森出張!

久しぶりの更新です。

忙しすぎて、ブログの更新ができなくてスイマセン。

青森出張に行ってきました。

お昼に「鶴亀食堂」というところに行ってきました。

ここの食堂の量が半端ではありません。

特に、「マグロ丼」がすさまじい量です。

マグロばかりでご飯がなかなか出てこない・・・

写真の画像は、「普通」の「マグロ丼」ですが、大盛もありますので、

大食いの方は是非ためしてみてください。

080302_122701_2

080302_122702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧